読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

憲法の基本書・演習書・判例集

憲法 司法試験 予備試験

2017年3月更新。

基本書

おすすめ

憲法学読本 第2版

憲法学読本 第2版

 

最も司法試験・予備試験受験生向き。

趣旨・沿革・判例・通説・比較といった基本的な内容がきちんと書かれており,薄くて回しやすい。統治・人権ともに司法試験レベルまでの論点がほぼ網羅されており,入門から試験前の復習まで非常に使いやすい。

また,試験での論述を意識してか,コンパクトなわりには理由がしっかり書いてある点が良い。

その他,学会でホットな有力説や、外国法の著名な法理・判例のフォローが効いているので、「試験本番で知らない論点」を減らすことができるのは大きなポイント。

共著だが、著者も司法試験委員経験者や有名な学者が揃っており信頼がおける。

総合的にみて法学部生と各種試験受験生は必読レベルの書。個人的には一番おすすめの1冊。

憲法学読本+判例百選+過去問で十分合格レベルには達するし,それが論文式憲法勉強の王道だと思う。

その他 

憲法 第六版

憲法 第六版

 

いわゆる芦部憲法。最も有名な憲法の教科書だが、その簡潔な記載は上級者用であり、 行間を読む力が問われる。

ちなみに,行間は別のシリーズ*1や論文に書いてあるので、要するにしっかりした記述が欲しければそっちを読めということである。

古典的名著のカテゴリに入るのかもしれないが、現在も高橋先生によって補訂が続けられているので,最新判例のフォローはされている。

 

日本国憲法論 (法学叢書 7)

日本国憲法論 (法学叢書 7)

 

統治について最強レベルに詳しい基本書。

通読するのは骨が折れるが、最高の短答対策になる。 過去の司法試験短答では本書のような分厚い本を使っていなければ知らないような非常に細かい知識も出ている(恩赦とか)。実際,司法試験・予備試験の憲法短答で満点を取った先輩はこれを何周も読んでいた。統治の短答が安定しない人は一読の価値あり。

受験生的には,二色刷りで重要部分が青文字になっているのが嬉しい。

なお、これ一冊で統治だけではなく人権も対応している(司法試験的には,人権部分は他の本で足りると思う)。

 

立憲主義と日本国憲法 第3版

立憲主義と日本国憲法 第3版

 

論文集のようなタイトルだが,平易な記述の基本書である。

違憲審査基準についての記述が厚く、各権利についてこの場合はこの基準ということを判例及び筆者の体系から整理している。「結局何の基準で書いていいかわからない」人におすすめの本。

 薄くて読みやすく,論文試験での違憲審査の相場観が形成できるのは受験生向き。

某教授が公法の試験委員から去ってから,「違憲審査基準」の理解を重視した出題がされる傾向にあり,相対的に有用な基本書になったといえる。

ちなみに,人権・統治両方に対応しているが、統治部分は相当レベルが高いことがさらっと書いてある。

  

憲法

憲法

 

いろいろと世間を騒がせている著者の1冊。

基本書としては、誤字脱字は多いわ、独自説を注意もなく繰り出してくるわ、採点実感の丸写しかと思う箇所があるわでかなりカオスな内容となっている。

そもそも基本書にしては判例の引用部分が非常に長いので,判例集に近い商品なのかもしれない。青柳先生自ら判例の「重要だと思う部分」に下線を引いてくださっているので、司法試験・予備試験の採点方式が垣間見える気がする。

誤字脱字の多さに目をつぶれば、試験対策用判例集としては意外とおすすめである。

今後の改訂が見込めないのが痛い。

 

憲法1 第5版

憲法1 第5版

 

 憲法2 第5版

 通称、4人組。共著のため中立的。

 丁寧に学説を比較していくスタイルのため分量は多い(本当に丁寧)。

 人権編は大学等の定期試験で学説を比較させる一行問題が出る場合の模範解答作成等に最適。

 統治編も非常に丁寧なので,佐藤幸治日本国憲法論」が合わない人・読みたくない人が短答対策に使うには向いている。 

 

憲法 (新法学ライブラリ)

憲法 (新法学ライブラリ)

 

 結構自説推しなので司法試験・予備試験対策にはあまりおすすめしない。東大か早稲田の人向け。

 

憲法講義1 第3版

憲法講義1 第3版

 

  集団的自衛権合憲説推しの方向け。下巻は憲法講義2 第2版

 

憲法1 統治 (LEGAL QUEST)

憲法1 統治 (LEGAL QUEST)

 

 おなじみリークエ。佐藤幸治日本国憲法論』には及ばないものの、非常に情報量が多い。統治の短答を完璧にしたい人には嬉しい。『日本国憲法』と合わせて読むことで司法試験の短答レベルならまず安心の知識が手に入る。

 

憲法2 人権 (LEGAL QUEST)

憲法2 人権 (LEGAL QUEST)

 

コンパクトにまとまっている。基本書というより教科書。統治に比べてあっさりしているので調べ物に使えるかは微妙であり、2冊目にはあまりおすすめしない。1冊目の教科書としてはいいと思う。

 

日本国憲法 第3版

日本国憲法 第3版

 

 精神的自由までは非常に良かった。

 

憲法

憲法

 

 基本書wikiでゴリ推しされているが、基本書というより体系書なので結構難しい。憲法の得意な学生以外は手を出すべきではないと思う。

→2017年2月基本書wikiを閲覧したところ,ゴリ押しはされていなかった。実務家を意識した本というのはその通りだろう。しかし,コンメンタールが出版されたので,たとえば憲法絡みの弁護団事件を大量に抱えるような実務家でも,こちらの本を手引き的に参照することはないと思われる。

 

憲法I  基本権

憲法I 基本権

 

  新4人組。有名な教授が書いた共著の教科書。

 三段階審査論で書いてあるので試験向け。三段階審査論で書かれた演習書を使っている人,講義を受けている人が副読本として使うのに良い。

 かなり高度なことまで書いてあるわりに,基本的なことをあっさり書いてあったりするので(13条の説明等),2冊目以降の基本書という位置付けか。

 

基本憲法I 基本的人権

基本憲法I 基本的人権

 

憲法事例問題を解くために最も実践的なテキスト」とされているが,実際のところは判例集と教科書をドッキングした本という感じ。時間のない受験生には,非常に頼りになる本だろう。

厚くしすぎると売れないというマーケティングの観点から仕方ない部分もあるが,基本的な知識を入れるだけなら憲法学読本で足り,重要判例を理解するなら判例百選のほうがおすすめできる。2冊取り組むのは無理という時間のない受験生におすすめ。

答案作法

 憲法は科目の特性上答案作法を学ばなければ答案が書けない。民法のように条文自体に要件効果が書いているわけではないからである。

「憲法上の権利」の作法 新版

「憲法上の権利」の作法 新版

 

司法試験・予備試験受験生必読の書。憲法問題の考え方をはじめからていねいに解説。「憲法の論文の書き方がわからない!」というセリフは、 とりあえず本書を読んでから。

 

判例から考える憲法

判例から考える憲法

 

受験新報の人気連載の書籍化。上記『「憲法上の権利」の作法』 が小山剛先生の理論体系を示すものだとすれば、こちらは問題演習を通じて判例の「実践的な」使い方を学ぶ戦術指南書。司法試験・予備試験対策に最適。かなりお世話になった。連載されたものから厳選されて収録されているので、収録に漏れたものも受験新報から探してやりこんだ。実践度ではNo.1の演習書。

 

憲法の急所―権利論を組み立てる

憲法の急所―権利論を組み立てる

 

小山剛先生とはまた違った方向から提案される答案作法。著者の木村草太先生は長谷部先生の弟子。合理性の基準などに独自説がチラチラ見られるが独自説であることは特段言及されないので初学者は注意。オリジナルの問題集形式になっており、問題と解説のクオリティは非常に高い。というかプール授業を拒否する架空の宗教が出てきたり妄想族が出てきたりと問題がいちいち面白い。楽しみながら勉強できた。おすすめ。

 

演習書

事例研究 憲法 第2版

事例研究 憲法 第2版

 

 超おすすめ。ロースクール生の司法試験対策はまずはここから。解説がとにかく丁寧なのでゴリゴリ自習できる。網羅性も高い。分量も多いし学部生にはちょっとしんどいかも。

 

憲法 解釈論の応用と展開 [第2版] (法セミLAW CLASSシリーズ)

憲法 解釈論の応用と展開 [第2版] (法セミLAW CLASSシリーズ)

 

 法学セミナーの人気連載を書籍化したやつ。学部時代に初版を読んだ。演習を通じて三段階審査を学ぶことができた…が、正直問題は予備試験レベルをはるかに超えていたような気がする。ガチで問題演習するなら、憲法が得意な人向け。解説をななめ読みして予備試験・司法試験の答案作法を身につけるというのが効率のよい使い方だと思う。

 

LAW IN CONTEXT 憲法 - 法律問題を読み解く35の事例

LAW IN CONTEXT 憲法 - 法律問題を読み解く35の事例

 

 隠れた神演習書。問題は先端的なテーマが多く楽しんで解ける。解説はコンパクトに理論・判例の基本を述べているので学部生でも読めるうえにわかりやすい。違憲審査基準論や三段階審査についてのコラムも充実している。宍戸『応用と展開』は難しすぎた自分にとってちょうどよい演習書だった。

 

ロースクール演習 憲法

ロースクール演習 憲法

 

受験新報の連載の書籍化。ロースクール演習のシリーズらしく、各問に受験指導みたいなコラムがついていて受験対策には使える。受験雑誌に連載していたわりには若干問題意識がマニアックな気がする。知識を入れろってことなのか。

 

憲法演習ノート

憲法演習ノート

  • 作者: 宍戸常寿,大河内美紀,齊藤愛,柴田憲司,西村裕一,松本哲治,村山健太郎,横大道聡,
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2015/09/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

分量はあるが、難易度は決して高くない。学部生も含め、予備試験・司法試験対策をこれから始める人向け。学者の執筆本なのに参考答案がついているのが嬉しい。事例研究が少し難しすぎる読者が対象かな。

 

Law Practice 憲法〔第2版〕 (Law Practiceシリーズ)

Law Practice 憲法〔第2版〕 (Law Practiceシリーズ)

 

ロープラシリーズにありがちだが、百選をそのまま演習問題にしたという感じである。難易度は高くなく、予備試験レベル。網羅性は高いのでこれを見ながら論証をちまちま作っていくと便利。執筆陣が豪華。

 

憲法ガール

憲法ガール

 

ラノベ風の文体で司法試験の憲法論文式過去問を解説した参考書。司法試験は試験後かなり経ってから「出題の趣旨」「採点実感等」という「今年度司法試験の感想戦」みたいな謎の文章が発表されるのだが、模範解答は発表されない。そこで自ら出題の趣旨や採点実感等を読み解いて何を書けば評価されるのかを当てる推理ゲームをしないといけないのだが、その作業を大部分代行してくれるのが本書「憲法ガール」である。「こう書けば受かる」というひとつの解を提示してくれているのは本当にありがたい。

ポップな装丁とタイトルだが、司法試験過去問を題材にしているだけあって内容はかなり高度なので、まったくの憲法未修者がこの本から入門するのはおすすめできない。多分書いてあることの1割も理解できないだろう。教科書、百選くらいは読んでから挑みたい。

 

判例

憲法判例百選1 第6版 (別冊ジュリスト 217)

憲法判例百選1 第6版 (別冊ジュリスト 217)

 
憲法判例百選2 第6版 (別冊ジュリスト 218)

憲法判例百選2 第6版 (別冊ジュリスト 218)

 

 百選で必要にして十分。憲法判例理論が強いので一通り読んでおかないと予備試験レベルでもキツい。

 

憲法訴訟

憲法訴訟 第2版

憲法訴訟 第2版

 

 戸松先生の憲法訴訟。受験生で読んでいる人は少ないと思うが、とても良い本だと思う。判例分析が詳細。ロースクールで憲法訴訟の講義がある人は、これか「憲法訴訟の現代的転回: 憲法的論証を求めて (法セミLAW CLASS シリーズ)」を通読しておくことで周りに差を付けることができるだろう。

 

 法学セミナーの連載の書籍化。上記の戸松先生の憲法訴訟より書いてある内容は高度だと思う。定期試験前に一気読みしたが結構面白かった。もちろん司法試験向きではない。

 

基礎から学ぶ憲法訴訟〔第2版〕

基礎から学ぶ憲法訴訟〔第2版〕

 

 これも受験生で読んでいる人は少ないと思うが、憲法訴訟の教科書の中ではくだけた文体でとても読みやすい。後半は問題集。憲法訴訟というテーマだが、「作法」「急所」などの答案作法本に近いところがあるので、意外と司法試験・予備試験向き。

 

 

他の科目の記事は下記からどうぞ。

campho.hatenablog.com

*1:憲法学 1 憲法総論とかの方。芦部三部作とか芦部三分冊とか呼ばれる。