読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

刑法総論(小林憲太郎) レビュー

予備試験 刑法 司法試験

 

刑法総論 (ライブラリ現代の法律学)

刑法総論 (ライブラリ現代の法律学)

 

 おすすめ度:★★★★☆

ついに出たコバケンの基本書。

小林憲太郎ファンであればファンタスティックな学説のデパートを期待したいところだが、中身は意外にも通説中心。

そして薄い。刑法総論の教科書としては異常な薄さである。下手な入門書より薄い。

薄いわりに、判例の紹介はきちんとしている。伝統的通説や近時の有力説を紹介し、深く突っ込んだ議論はせずに判例の分析を述べていくというスタイル。

最低限答案の形にするのに必要な知識だけを学べるので、予備試験、定期試験の事例問題対策に適している。

はしがきには、これ1冊で司法試験も対応と書いてあるが、辞書的利用まで考えると記述が薄すぎる。しかし、基礎的知識の確認に適しているほか、記述が簡潔でまとまっているので論証パターン作成に使える。

それにしてもコバケンがこんなに難易度を下げた教科書を書くなんて、事例から刑法を考える 第2版 (法学教室ライブラリィ)で反省したのだろうか?