読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

リーガルクエスト民事訴訟法 レビュー

民事訴訟法 司法試験 予備試験

 

民事訴訟法 (LEGAL QUEST)

民事訴訟法 (LEGAL QUEST)

 

 おすすめ度:★★★★★(満点)

基礎からわかる民事訴訟法』(和田吉弘)よりは詳しく、『民事訴訟法 第4版』(伊藤眞)等の単著よりは独自色がない、といった感じ。ただし、共著のわりには筆者らの説はしっかり掲載されている。東大・京大・慶応の著名教授により執筆されており、安心感がある。

司法試験における民事訴訟法の設問は、受験生に気持ちよく解かせてくれないものが多い。誘導で判例通説を封じてきたりする。そこで、学説の問題意識に触れておくのは必須だといえる。こうした問題意識は『百選』+上記『基礎からわかる民事訴訟法』でも十分フォローできるだろうが、本書の方がはるかに詳しく、説明もきちんとしている。

また、『基礎からわかる民事訴訟法』は旧司法試験で出題されなかった論点や制度の解説が薄い。中間確認の訴えや上訴など、これでいいのか?と思ってしまうほど薄い。ゼミやロースクールの講義・課題まで見据えると、本書のほうが柔軟に対応できると思う。特に、手続部分は本書のほうがはるかに詳しい(と、いうより『基礎から~』が薄すぎる)。

『基礎から~』で満足できなくなった優秀層の学習者、あるいは判例・手続を網羅的に学習したい学習者向け。執筆者を見ればわかるが、新堂・高橋説の問題点や新堂らが論じていない点にも切り込んでいく構成になっているので、重点講義*1あわせて読みたい