読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

事例から民法を考える レビュー

民法 司法試験 予備試験

 

事例から民法を考える (法学教室ライブラリィ)

事例から民法を考える (法学教室ライブラリィ)

 

おすすめ度:★★★★★

司法試験対策用民法問題集。

ほかにメジャーな民法問題集としては、『民事法』シリーズ、『Law Practice』シリーズがあるが、『事例から民法を考える』のほうが新司法試験対策としては優れていた。

『民事法』シリーズは解説:判例・実務中心で丁寧だが、問題文が短すぎる(一行問題も多い)。『Law Practice』シリーズは解説も問題数もちょうど良いが、問題文がやや短いという問題点を抱えていた。これに対して、『事例から民法を考える』は、問題数も問題文の分量もちょうど良く、出題や解説も、新司法試験民法でありがちな「通説判例で妥当な結論を導けない場合」を意識していると感じた。

司法試験レベルの問題を使って、実際に「判例の使い方」「判例の射程」を考えるトレーニングを積みたい人におすすめ。

家族法が関連する問題を多数扱っている点も好感触。