読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

法学クラスタ向け・就職活動のマナー

就職活動

まとめがありそうでなさそうなのでまとめてみました。

あまりにも当たり前のことは省いてありますが,法学クラスタの就活生は,一般の大学生より就活経験・知識に乏しいと思うので,役に立てばいいなあと思います。

なお,基本的に法律事務所に対する就活を想定して書いています。インハウスは通常の就活サイト・就活本で十分だと思いますが,特殊そうなことは書いておきます。

 

【履歴書】

・写真は記入要領に書いていなくても必ずつける。

・ネットでは西暦の書式もあるが,和暦で書くのが無難。

→こだわる人は本当にこだわる。逆に,採用側から西暦の記載例等を提示している場合,絶対に和暦で書いてはならない。

・履歴書をメール添付で送付するときは必ずPDFで。

→法曹業界は一太郎ユーザが多く,Wordはレイアウトが崩れがち。

・書式自由の場合,A4かA3で1枚にまとめるのが無難。

→面接官は履歴書を印刷して面接に臨むので,複数枚は見づらい。

・書式自由の場合,フルカラーで作るかモノクロで作るかは自由。ただし写真は必ずカラーで。

→wordのテンプレート(落ち着いた青色などのもの)を使うのもあり。

 

【メール】

・つながる電話番号を必ず書いておく。

→就職活動が始まる前に,電話番号・メアド入りの署名を設定しておくのがよい。

・就職活動に関係するメールは,ネット上の就活サイト等から例文を探してから書く。

→オリジナリティを出すと思わぬところで失敗しやすい。敬語とか。

・こまめにお礼のメールをするのが無難。

→事務所訪問,面接等のお礼はメールで十分。原則お礼状を出す必要はない。ただし,訪問時に傍聴に同行させてもらった場合など(普通ここまでしないが…),インターンに近いことをした場合は限界事例。お礼状が必要だと信じている人もいるので,メールでとりあえず当日お礼申し上げたうえで翌日お礼状を送るのが無難。

 

【事務所訪問/面接】

・事務所訪問,面接は基本的にスーツで行く。何も言われなかったり平服で~とか言われても念のためスーツで行く。

リクルート担当の弁護士が平服を許容してもボスや他の弁護士がそれを許容するとは限らない。そもそも担当の平服OKという指示をボスが知らない可能性もある。結局,私服で行くメリットは皆無に等しく,スーツで行くのが最もリスクが低い。

・スーツは別にリクルートスーツである必要はない。

→明るい色でなければ問題なし。ストライプ入りやグレースーツでも法律事務所の就活においては特に不利には働かないと思う。ただし,法テラスやインハウス等はリクルートスーツで行くのが無難。

・面接のマナーは1冊本を買って勉強しておくとよい。

→弁護士はマナーが大好き。ネットの就活サイトは情報が断片的になりがちなので1冊は「通読」しておくのがよい。

 

【食事】

・飲めない人も乾杯はビールを頼んでおいて口だけつけるふり→即烏龍茶オーダーが無難。

→くだらないことだが,最初にビールで乾杯できないことをマイナス評価する人種は一定数存在する。

・ビールの乾杯は相手より下からコップを当てる。

→ギリギリまで相手と同じ高さでコップを近づけていき,インパクトの瞬間にコップをやや下に移動させ,相手より下から当てる方法がよく使われている。焦らないように。

・食べにくいもの(魚など)の綺麗な食べ方を動画などを見ながら練習しておくとよい。

→弁護士は育ちのいい人が好きな傾向にある。育ちのよさは食事に現れるので,選考の過程では弁護士と一緒に食事する機会が多い。焼き魚は頻出問題である。

→どうしても綺麗に食べられない料理がある場合,「何が食べたいですか」と聞かれた際に,必ずその料理が出てこなさそうなジャンルの店を希望する手もある。魚介類系は難しいものが多いので本当に上手な人以外は避けるのが無難だろう。

 

【電話】

・急にかかってくるので,就活を始めて以降は知らない番号はすべて弁護士からの電話だと思ってとると無難。

→「はい○○(自分の氏)です」で電話をとるクセをつけておくと安全。

→また,一度かかってきた電話番号はこまめに登録しておくと次回から心の準備をして電話をとれる。

 

【サマクラ/インターン/エクスターン】

・名刺&名刺入れは持っておくのが安全。

→原則として,目下の者から名刺交換を始めること,名刺を切らしていることは良くないこと,というルール(?)がある。就活生にこのルールを原則通り適用すべきかどうかは意見が分かれるところである。別に名刺なんて弁護士登録してからでいいよ的な物言いをする人から,名刺持ってない=就活の意識が低いと決めつける人まで,色々な人がいるので,就活を始める前につくっておくのが安全。学生は大学生協で大学ロゴ入りのものをつくるのが無難。

・名刺交換のルールはネットで勉強必須。

→通常の就活と異なり面接の開始時など微妙なタイミングで名刺を渡してくることが多いので,もらった名刺をどう扱うかを含めて要予習。

・複数日にわたる場合は最終日の翌日までにお礼状を出すのが無難。

→名刺をもらっておくとメアドや住所がわかるのでお礼状を出す際にスムーズ。小規模事務所だとネットに住所等の情報がないこともある。

→サマクラを大量に受け入れているような大規模事務所だと,お礼状を出さないデメリットはあまりないかもしれない。しかし,出すと好印象を与えられるので,原則出すのがよい。

→原則終了日の翌日までに出すべきだが,終了日から1週間以内までなら(多少マイナス評価になるリスクはあるが),許容範囲。それ以上遅れて出すのは逆にヤバい。

 

マイナビ2018オフィシャル就活BOOK 要点マスター! 就活マナー

オールカラー ビジネス敬語のマナー[完全版]