読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

刑事訴訟法 第3版 (有斐閣アルマSpecialized) レビュー

 

刑事訴訟法 第3版 (有斐閣アルマSpecialized)

刑事訴訟法 第3版 (有斐閣アルマSpecialized)

 

 おすすめ度:★★☆☆☆

シェアは結構高いが、おすすめしない刑事訴訟法の入門書/基本書。

まず、文章が冗長である。図解も使わないし、理解を助けようという気はあまりない。司法試験上の重要論点を厚く論じるということもない。事例問題でいうと学部定期試験レベルにも対応していない。予備試験はなおさらである。古き○き時代の入門書という感じである。ちなみに出版年もそこそこ古い。

刑事訴訟法の全体像を掴んでくれればよい、という執筆スタイルなのかもしれないが、それでもリークエ(刑事訴訟法 (LEGAL QUEST))か、入門刑事手続法 第6版のほうが適していると思う。この2冊はかなり快調に売れていると思うが、今後有斐閣があえて本書を改訂するのかは謎である。