読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

民事法シリーズ レビュー

民事法〈1〉第2版 総則・物権

民事法2 第2版 担保物権・債権総論

民事法〈3〉第2版 債権各論

おすすめ度:★★★★★

いったい何個肩書があるのかわからない鎌田薫が編集した民法民事訴訟法の問題集。家族法以外の全分野にわたっている。

執筆者がやたらと豪華(司法研修所教官、裁判官、有名な研究者)。

問題の長さとしては短めで、旧司法試験程度。そのわりに解説はかなりボリュームがある。基本書的な条文知識の解説からはじまって判例学説の分析に至り、実務や立法についてのコラムまでついていた。演習書として解くというより、解説を読んでいく感じで使用したが、非常にわかりやすく判例法理を解説した本として読み応えがあった。

演習書にもかかわらず、京大教授陣が書いた民法の問題集『民法総合・事例演習 第2版』でも多くの設問に参考文献として挙げられており、解説の信頼度では一番だと思われる。また、実務家が書いているだけあって判例法理でどう問題を解決するかという点を意識しており、演習書なのに他の演習書を解くのに使えるという面白い本である。新司法試験時代の必読書という感じ。

また、一応「民事法」の演習書なので手続法の解説が民法上の論点解説の後に載っている。東大ローなど、民事法という形で民法民事訴訟法の複合問題が出題される法科大学院を受験する人は必ず解いておいたほうがいいだろう。