読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

行政法(宇賀克也) レビュー

行政法 司法試験 法学入門 予備試験

 

行政法

行政法

 

 おすすめ度:★★★★☆

著名な教授が書いた行政法の教科書。総論・救済法に対応した1冊本。

あらゆる行政法の基本書/教科書は、行政法 第4版(櫻井橋本、サクハシ)と比べられる運命にあるが、自分は宇賀行政法のほうが使いやすくて好み。

(サクハシより良い点)

判例の引用が多い。

・結論のみでなく、簡単に判旨まで述べてくれる引用スタイル。

・理由付けがきっちり書かれている。

・段落末ごとに「point(まとめ)」がある(サクハシもあるけど)。

(微妙な点)

・レイアウト(好みの問題かも)

・一文が長い。

・ときどき自説推し(宇賀先生レベルなら、各種資格試験でそのまま書いても点はつく気がするが…)

・要は、行政法概説シリーズ*1のダイジェスト版という構成なのだが、初学者を抜けると、記載が充実しているぶん行政法概説のほうが明らかにわかりやすい…。完全な初学者、単位がとれればいい人、総まとめ用向けか。