読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

基本刑法Ⅰ―総論 レビュー

刑法 法学入門 司法試験 予備試験

 

基本刑法I─総論

基本刑法I─総論

 

 おすすめ度:★★★★☆

学者でありながら予備校講師以上に受験に配慮した本を書く、大塚先生らによる刑法総論の教科書。

内容は、刑法総論の思考方法(こちらは、大塚先生の単著)をまとめてダイジェスト化したという感じ。『思考方法』に比べ更に事例問題を解くことに特化し、論点ごとに判例の要件をまとめてくれるところはポイントが高い。とにかく事例問題が解ければよい、という人にはオススメの本である。

欲を言えば、「本書の立場は判例説」などと刺激的なキャッチコピーをつけたからには、判例の事案分析を通じてあてはめのポイントや射程論にもう少し深く踏み込んで欲しかった。全体をみると、判例から規範を抽出することにとどまっているかな、とも思う。司法試験合格には、それで十分なのかもしれないが…