読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

基本行政法(中原茂樹) レビュー

行政法 司法試験 予備試験

 

基本行政法

基本行政法

 

 おすすめ度:★★★★★

今まで大学の行政法の講義レジュメをベースに勉強しており、知識を補完するために買ったが、非常に良かった。

まず、ケース・図を多用している点が良い。いや、多用どころか、ほとんど全部の段落にケースが登場する。

ケースの分析にあたっては、訴訟形式の選択・個別法の解釈を強く意識した論述がなされており、試験対策という意味でも実用的である。個別法の条文を設問ごとに載せてくれるのも、携帯用の六法を使うことが多い学習者にはありがたい。

受験のキモとなる、原告適格、処分性、裁量等の「あてはめ」の解説も丁寧で、完全に「学者が書いた司法試験のための参考書」といった感じであった。ケチをつけるとすれば、原告適格の判断に関して、判決原文を引用していないところだろうか(処分性や裁量に関しては引用が充実しているのに…)。もっとも、百選などの判例集を参照しながら読めばよいため、欠点というレベルではないだろう。

また、非常に丁寧な記載・図解がされているわりに、収録判例数も他の基本書に比べて少ないということはない。また、重要判例は判旨を意味や要件ごとに分解して解説してくれる。至れり尽くせりという感じである。

実際に読了してみて、司法試験・予備試験受験生には必読の書であると思った。