読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ ほうりつがくのもり(基本書レビューblog)

まったり司法試験・予備試験の基本書をレビューします

判例から考える憲法 レビュー

憲法 司法試験 予備試験

 

判例から考える憲法

判例から考える憲法

 

 おすすめ度:★★★★★(満点)

演習問題と詳細な解説を通して、判例の規範・考慮要素等を使った答案の書き方を丁寧に解説した本。1問の解説の分量は憲法ガールの1章程度。

解説のスタイルは、徹底して既存の判例との類似点、相違点を述べていくというもの。「知識の答案化」が強く意識されている。各解説の最後には答案構成メモまでついている。至れり尽くせりである。

憲法演習書の有名どころとしては、『憲法の急所―権利論を組み立てる』『「憲法上の権利」の作法 新版』『憲法 解釈論の応用と展開 (法セミ LAW CLASS シリーズ )』があるが、どれも独自色が強い。これらに対して、『判例から考える憲法』は、できるだけ筆者の独自色を消して、判例で考えていこうという態度である。有力説や先端的な見解*1も所々で提示されるが、あくまで司法試験の形式にそって主張反論を考える中で紹介されるので、学習上の重要性を自分で判断しやすい点は好感触だった。

違憲審査基準や三段階審査に依拠して学説理論バリバリの答案を書こうという学生以外は一読すべき。

*1:特に小山説への言及が多い